2007年06月07日

第2回レクチャー開催「ボディランゲージ」B

ここでちょっと変わったシチュエーションでボディランゲージを見てみましょう。

登場したのは、怒られキャラ(?)のマックス君。
マックス君はりんごが大好物。りんごの匂いがするとソワソワと落ち着きが
なくなります。(りんごを見つめるマックス君)
P1100859.JPG

「食べてはいけないよ」とマテの号令をかけてマックス君の側を離れると
待ってましたとばかりに、ベンチの上に置いた切ったりんごが入っている
食器に向かっていったマックス君。
P1100865.JPG


その瞬間「こっらぁ〜!!!」と怒った飼い主のさっちんにビビるマックス君。
体を丸めて、肩を落として申し訳なさそうに上目遣いでさっちんさんを見てます。
P1100809.jpg

そのうち、ブルブルと体が震えてきたマックス君。
この姿は、いかにも自分の間違いを反省し、さっちんさんに許しを請うて
いるように見えますね。
P1100869.jpg

この反省している様子のマックス君を見て「コレだけ反省しているのだから
もう次は間違いはしないだろう」と思って許してみると…

たった今怒られていたのにもかかわらず、りんごに向かっていったマックス君。
P1100862.JPG

この後、マックス君は…

ボディランゲージBの続きはここ

ニックネーム paw'erスタッフ at 14:52| レクチャー開催 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月06日

第2回レクチャー開催「ボディランゲージ」A

「ボディランゲージ」を実演を交えて説明しました。

犬をマテさせて飼い主は離れます。
そしてゆっくりと犬の元へ歩いて近づいていきます。
飼い主が一歩一歩近づくたびに犬は自分の気持ちをボディランゲージで
表現しています。

トレーナーそのっちの愛犬つくしちゃん。
P1100777.JPG

一歩づつ近づいていくと、顔をそむけるつくしちゃん
P1100778.JPG

これは「カーミングシグナル」のひとつで、敵意がないことを相手に
伝える時に目と目を合わせず横を向くシグナルのひとつです。

耳が後ろに垂れ、微妙に振る尻尾、体が少し横向きになるなど今のつくし
ちゃんの気持ちが現れていますね。
うれしさと動きたいけど動けないもどかしさと緊張が伝わってきます。
P1100780.JPG


立ち耳の犬だと表現が分かりやすいのですが、垂れ耳で被毛が生えている
犬種は耳からのシグナルがなかなか分かりにくいですね。
P1100804.JPG

垂れ耳のマックス君も同じくマテさせて一歩づつ近づいてみました。
「マテ」の号令後は緊張しているマックス君。
P1100814.jpg

一歩づつ近づいていくと、突然あくびをしました。
P1100815.jpg

私たち人間の世界だと、このあくびをする行動は緊張感のない行動ですよね?
上司に怒られている時にもしあくびをしたら「馬鹿にしてるのか!」と
余計怒られてしまいますよね?

このあくびは犬の「カーミングシグナル」なのです。
叱った時に犬があくびをしたら「もう怒らないで」という気持ちのサイン。
例えば嫌いなブラッシングなどしている最中にあくびをしたら「嫌なこと
しないで」という気持ちのサイン。

マックス君は、一歩一歩近づいてくるさっちんさんを見て緊張し「これ以上
近づかないで」という気持ちをあくびのシグナルで表現したのです。



ボディランゲージAの続きを読む
ニックネーム paw'erスタッフ at 12:22| レクチャー開催 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月03日

第2回レクチャー開催「ボディランゲージ」@

5月27日に「Paw'er」第2回レクチャーを開催しました。

DSCF4017.JPG


あいにく雨が降りそうな曇り空の天気でしたが、今回もたくさんの方に
参加していただきスタッフ一同感謝しております。

今回のレクチャーも前回と同じくスタッフのらのらの1時間半の講義から
始まりました。
P1100771.jpg

今回のレクチャーテーマは「ボディランゲージ」です。
前回のレクチャーで犬とのコミュニケーションをうまくとるためには
犬の言葉やメッセージを聞き、犬に分かる方法で伝えることだと説明
しました。

犬の言葉やメッセージを聞くことができますか?

犬は人間の言葉を話すことはできません。
しかし、犬は全身を使って気持ちや意思を伝えています。

BODY(ボディ)=体 LANGUEGE(ランゲージ)=言葉

ボディランゲージとは犬の言葉であり、その言葉を理解することが犬と
上手にコミュニケーションをとる第一歩になります。


ボディランゲージの続きはこちら
ニックネーム paw'erスタッフ at 20:16| レクチャー開催 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする