2007年05月09日

レクチャー開催のお知らせ

第2回目「Paw'er」レクチャーを開催いたします。

今回のテーマは「ボディランゲージ」です。

前回は愛犬とのコミュニケーションをテーマに、
「犬の言葉やメッセージを聞き、犬に分かる方法で伝えてあげること」
が大切だとお伝えしました。

では、その愛犬からのメッセージや言葉を理解して聞くことができますか?

犬は人間の言葉を話すことはできません。
彼らは全身を使って様々な言葉やメッセージを伝えます。
つまり、犬の言葉は「ボディランゲージ」なのです。

ボディランゲージで最も分かりやすいのが「しっぽをふる」という動作で
「しっぽをふる」のはうれしいからと思いがちですが、うれしいだけ
とは限りません。
犬の言葉であるボディランゲージを理解できなかったり、勘違いや思い込み
をしていたら愛犬とのコミュニケーションはうまくいかなくなります。


愛犬の言葉やメッセージである「ボディランゲージ」を今よりも少し理解
することで、コミュニケーションがうまくとれるようになるかもしれません。

「Paw'er」で愛犬の言葉に耳をかたむけてみましょう!

第2回レクチャー案内.bmp


申し込み締め切りは 5月23日(水) まで
 (事前申し込みなしでの当日参加はご遠慮ください)

レクチャー内容の詳細やお申し込みは、左サイドにあるメールアドレス
へお問い合わせください。


みなさまのご参加お待ちしております。




ニックネーム paw'erスタッフ at 16:58| レクチャー開催 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月06日

第1回 レクチャー開催A

さて次に登場したのは…
トリマーさっちんの愛犬アメリカン・コッカー・スパニエルのマックス君です。
マックス君とのコミュニケーションで「NO]「GOOD」の伝え方を見ていただきます。

普段行っているお手入れの様子を見てもらいました。
マックス君をゴロンと寝かせてブラッシングです。
P02.jpg

マックス君がちょっと動くとさっちんさんはすかさずマックス君に触れて
いる手に力を入れてはっきりとした口調で「NO」と言います。
マックス君はまだ動いてはいけないんだと分かり、力を抜いてゴロンと
横になりました。

P1100082.jpg

この「NO」のタイミングがポイントとなります。
遅すぎたり早すぎたりすると犬にはうまく伝わりません。
そのために愛犬の行動や表情をよく見なければ、伝えるタイミングが
分からないのです。


愛犬がお手入れ嫌いでさせてくれないと、よく飼い主さんから聞きますが、
お手入れ中は大人しくしていることつまり「がまん」することを教えて
いないからです
そして、お手入れは気持ちのよいことだと伝えていないからお手入れ嫌い
の犬だと思ってしまうのです。

ブラッシング最中のマックス君のこの顔を見てください。
気持ちよさそうでしょう?
P1100091.jpg

このマックス君の顔を見てお手入れがストレスになっていると思いませんよね?


レクチャー内容の続きはこちら
ニックネーム paw'erスタッフ at 12:54| レクチャー開催 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月02日

第1回 レクチャー開催

4月30日 第1回「Paw'er」レクチャールームを開催しました。

レクチャー施設の前では、看板犬ラブラドールがお出迎しました。(置物です)
P1100023.jpg

施設内はガラス張りの近代的な建物で、もともと室内ドッグトレーニング
として使っていたのを今回レクチャーの場所としてお借りしました。
P1100025.jpg

レクチャー開催に向けてほとんど宣伝をしませんでしたが、28名もの方が
参加していただき、スタッフ一同大変感謝しております。

今回のレクチャーのテーマは「コミュニケーション」
最初は、トリマーのらのらがコミュニケーションについて約1時間熱く熱く
お話しさせていただきました。
P04.jpg



レクチャー内容の続きはこちら
ニックネーム paw'erスタッフ at 17:20| レクチャー開催 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月20日

Paw'erが伝えたいこと

今日の北海道新聞に「ペット飼育札幌市調査」の記事が載っていた。

札幌市がこのほど行ったペット飼育に関する市民調査によると、

95%の市民が、飼育をめぐって「迷惑行為」などの何らかの

問題があると回答していることが分かった。

市担当者は
「ペットブームで動物を飼う人が増える半面、飼い方を知らない人も多いのでは」とみている。

具体的な問題点をあげる問いで
「ふんや尿による汚染・悪臭」 78.1%
「鳴き声による騒音」     62.2%
「動物を捨てる」       58.4%


動物管理センターの所長は
「癒しで気軽に動物を飼うのはいいが、大事なのは飼い主の責任。
人に迷惑をかけない世話を心がけてほしい」
と話している。


この記事を読んでどう思いますか?

私は大丈夫!周りに迷惑はかけないと自信を持って言えますか?



私たちは社会の中でルールを守って生活しています。
犬と暮らすということは自分と犬との関係だけではなく犬と社会全体に対しての
関係を意識してルールを守らなければなりません。

自分勝手な飼い主が犬嫌いな人を増やし、犬が住みにくい社会にしてしまいます。

「Paw'er」が伝えたいこと、それは… 「命」の責任

飼い主さんが責任の重大さを気付くこと、意識やモラルの向上に向け
これ以上犬嫌いな人を増やさないためにも「Paw'er」は活動します。


犬のことについて色々と知ることができるレクチャールームで、愛犬との
より良い関係を築き、周りに迷惑をかけない責任ある飼い主を目指しましょう!

Pawersennden.bmp



申し込み締め切りは 4月25日(水) まで
 (事前申し込みなしでの当日参加はご遠慮ください)

レクチャー内容の詳細やお申し込みは、左サイドにあるメールアドレス
へお問い合わせください。






ニックネーム paw'erスタッフ at 23:18| ニュース・出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月12日

Paw'er活動開始

「Paw'er」とは飼い主さんと愛犬とのより良い関係を築くために
犬のことについて色々と知ることができるレクチャールームです。
(Paw'er=「パウアー」と言います)
北海道札幌市を拠点として活動していきます。

犬との生活は、楽しくて幸せなことがいっぱいあります。
しかし、苦労や大変なこと、時には犠牲を払ってしまうことや周りに
迷惑をかけてしまうことだってあります。

犬との暮らしでまず最初に知って欲しいのは「犬」のことについてです。
愛犬の気持ちや行動を理解することで、苦労や大変だと思っていたこと
が楽しいものになり、毎日の生活が変わることだってあります。

幸せでいつも笑っている飼い主と犬が増えるよう、「Paw'er」がその
一助けになれればと願っています。


ashiatoline1-4.gif


第1回 「Paw'er」レクチャールームを開催します。

テーマは 「コミュニケーション」 です。

愛犬との暮らしで大切だといわれる親和関係やコミュニケーションは
とれていますか?

「今よりも子犬の頃のほうがよかったなぁ…」
「うちの犬は物覚えが悪いから…」
「何をしても言うことをきかない頑固な犬だから…」
と、愛犬のせいにしていませんか?

「初めて犬と暮らす初心者だからコミュニケーションのとり方が
わからない!」
と、悩んでいませんか?

コミュニケーション不足による愛犬とのギクシャクした関係を
どうしたらよいのか?

その答えを「Paw'er」がお届けします!

Pawersennden.bmp

申し込み締め切りは 4月25日(水) まで
 (事前申し込みなしでの当日参加はご遠慮ください)

レクチャー内容の詳細やお申し込みは、左サイドにあるメールアドレス
へお問い合わせください。




愛犬の「こころ」と向き合い、一方通行のコミュニケーションから
卒業しましょう!


ニックネーム paw'erスタッフ at 22:12| レクチャー開催 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする